はじめに

 

猫画像


動物が大好きという人はたくさんおります。

そうでしょう。

動物とい うのは可愛いですからね。

動物を見て憎たらしいなんて思う人はあま りいないはずです。

そりゃ昔犬に噛まれたとか猫に引っ掻かれたとか クマに殺されそうになったとかあってその動物を嫌いになる事もある でしょう。

他にも猫の近くにいるとくしゃみ鼻水が止まらなくなる猫 アレルギーの人や、

ネズミを見るとドラえもんのように脱兎のごとく 逃げ惑う人だっています。

そりゃそうです。




誰しもムツゴロウさんでもないかぎり全ての動物を愛するなんて事は できないのですから。

例えばゴキブリだって昆虫類ではありますが立派な動物です。

でも愛せますか?

少なくとも私には無理です。

あの虫 が例え福の神であろうとも私に対して媚びを売ろうとも私は彼を許す ことができません。

丸めた新聞紙、スリッパ、殺虫剤の三種の神器を もって彼と闘うことでしょう。

でもこの世の中には彼らをこよなく愛 し、飼育している人だって少数ですがいるのです。


一寸の虫にも五分の魂、正しくそれです。

たとえゾウリムシにだって いやさミジンコにだって命はあるわけですから。

その命を育んでいく ことは、強いては自分の命の大切さや尊さを教えてくれるのです。

そ の意味でも動物を飼うことはとてもいいことなのです。

何だっていい じゃないですか。

その辺にいるアリだって毛虫だって飼ってみれば色 々な発見があるものですよ。

人生何事も勉強です。

人がアレを飼って るから、とか、何々ちゃんもアレ飼い始めたし、なんて人の影響で飼 ってはいけません。




いいじゃないですか。あなたが毛虫を飼っていたって。

何か問題あり ますか?

それをとやかく言う彼氏ならとっとと別れてしまいなさい 。

いいですか。

何を飼うかなんてそんな事はどうでもいいんです。

大 切なのはその命を育む心なんです。

私は皆さんに生命の大切さや尊さ を再認識していただきたくこのホームページを作りました。

このホー ムページを読みすすめる事によってあなたが生き物に対して抱いてい る認識の甘さが多分露見することでしょう。


でもそれでいいのです。

最初から完璧な人間なんていないのですから 。

誰だってコオロギが空を飛んでたら驚くんです。

でも飛ぶんです。

あの羽根は飾りじゃないのです。

ベンジョ虫とダンゴ虫だって見分け つきますか?

つかないでしょう。

あれは丸まる事ができるのがダンゴ 虫、できないのがベンジョ虫です。

このように動物の世界は摩訶不思議なのです。

だからこそ楽しいんじゃありませんか?

どんどん読んでください。

読みすすめてください。


そうしてこのホームページを読み終えた時、あなたは自分の心の変化 に気づくはずです。

命の尊さをかみしめているはずです。

それこそが 私の目的であり願いでもあるのです。







 

はじめに記事一覧

一口に動物と言っても地球上には何千、何万という種類が生息しています。私たち人間だって動物の一種なのですから。これらの動物はどのようにして生まれてきたのでしょうか?太古の昔、地球上には生物など存在していませんでした。それから時は流れ、まず海から生命が誕生します。そして長い年月をかけてどんどん陸地の方に進出していき、恐竜時代を経て今現在があるのですが、人間を含む哺乳類共通の先祖というのは最初は小さなネ...

動物というのはエサにつられます。まあ単純といえば単純。しかしそれも自然の摂理ですよ。人間だって食べ物でないにしろお金に釣られる人はごまんといます。人間にとってのお金が動物にとってのエサのようなものです。ですので犬が主人に噛みつくなんて事はたまにある事ですが、大体がこのエサを横取りされるのではないかと思ってする事です。大恩ある主人に噛みつくのですから犬にとってもよほどの覚悟がいるでしょう。でもエサの...

人間の中には動物を虐待する不届き者もいます。随分前のことですが、矢が突き刺さったままのカモが発見されて矢ガモなどと言われ、かなり話題になりました。しかしなぜあのような事ができるのでしょう?とても人間のする事とは思えません。でもこれだけの人が暮らすこの世の中には、我々の想像の範疇を遥かに超える変人だって存在するのです。猫の足をちょん切るバカもいれば、犬の体に落書きをするアホもおります。こんな奴がいる...

おススメサイト